一覧に戻る

また?!ぎっくり腰を繰り返しやすい人の特徴3つ。

ぎっくり腰を繰り返す人には、特徴があると言われています。

どうしてぎっくり腰になるのか

ぎっくり腰の原因は、腰の筋肉が凝り固またところに急な動きなどで負担をかけるからです。そのため、普段から腰の筋肉が凝り固まりやすい人は、ぎっくり腰を繰り返す傾向があります。

 

腰の筋肉が凝りやすい人

運動不足で腰の筋肉を動かす機会の少ない人や、逆にハードな運動で腰の筋肉が傷んでいる場合も、少しの刺激でぎっくり腰をおこしやすくなります。特に体が固くて前屈運動などが全くできないという人は要注意。

普段からストレッチをして、柔軟性を高めるようにするとよいでしょう。また、仕事などで中腰の姿勢になることが多い人も気をつけましょう。中腰の姿勢は特に腰に負担がかかるので、この状態でさらに負荷をかけるとぎっくり腰になりやすくなります。

 

血行が悪い人

血行が悪いと、当然腰の筋肉にも十分な血液が行きわたらず、筋肉が凝り固まった状態になりやすいと言われています。体が冷えやすい人や、タバコを吸う人はどうしても血行が悪くなりがちなので、注意しましょう。

また、人間の体は筋肉を動かすことで血流を促すため、運動不足になると血行も悪くなってしまいます。ウォーキングなど軽い運動でよいので、普段から体を動かす習慣をつけるとよいでしょう。

 

生活習慣が乱れている人

筋肉を良好な状態に保つには、もちろん食生活を含めた生活習慣も大切になります。たとえば、たんぱく質を摂らないと損傷した筋肉の回復が遅れますし、炭水化物を摂らないと筋肉を動かすエネルギーが不足してしまいます。

また、寝る時のマットが柔らかすぎると腰に負担がかかりますから、硬めの布団で腰への負担を減らすことも大切です。

普段の生活でも姿勢が悪かったり、ハイヒールを履くことが多かったりすると、常に腰に負担をかけている状態になるので、安定した靴を履き、姿勢に気を付けた生活を心がけることが大切です。

 

まとめ

ぎっくり腰は何度も繰り返す人もいますし、全くならない人もいます。繰り返す要因としては、普段から腰への負担が大きくなる生活をしていることが大きいと考えられますから、血行不良や運動不足を解消し、猫背や中腰など腰への負担が大きい姿勢はできるだけ取らないようにする必要があります。

一度ぎっくり腰になった人は、もともとこうした要因がある可能性が高いので、何度も繰り返さないように普段の生活習慣を改善しておきましょう。